少しだけ、歩く

読んだ本の感想など、日ごろ感じるちょっとしたことを書いてみようと思います。

海辺のカフカ(村上春樹)を読んで 

 ここ数日、海辺のカフカ村上春樹)を上下巻、約1000ページを読んでました。

 

 一年前ぐらいに、上巻を60ページぐらいで読むのをあきらめて、積読処理のために読みだしたんですが、後からはまってきて、本屋バイトの時に下巻を買って、読み終えました。

 

 あらすじ

上巻 「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」ー15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ち出したのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケットライト、鯉スカイブルーのレヴォのサングラス。小さい頃の姉と僕が写った写真……。

 

 村上春樹は、「ノルウェイの森」を読み返したぶりですが、文章が読みやすいからなのか、すらすらと、世界観に入っていけました(前回、60ページでやめたくせにね)。

 

 主人公は、15歳の少年、田村カフカ。と、60を過ぎたナカタさん。(どちらも男)

物語の内容を少しでも書こうとすると、全部書かなければいけないような気がしてくるので、僕が気になった要所だけ。

 

 まず、時々出てきた、「世界で一番タフな15歳の少年になる」ということを、どう捉えるか。「タフ」って何だろうね。まず、肉体的な「タフ」なのか、精神的な「タフ」なのか。精神的なタフさって、ネガティブな部分を克服した先にあるんだろうというのが、ちょっとした僕の持論(っていうか、当たり前か)。そして、ネガティブな部分を克服した先のタフさって、誇るべきなのかどうか。

 

 小説の中で、少年が高松の山?の中の小屋でしばらく過ごすんだけど、そんな生活、してみたいな~と、小並感。

 

 終盤、佐伯さんという、おそらく少年の母親であるだろう人(読者の想像に任せられている)が、少年を、昔、彼女の恋人だった人が書いた絵を描いた?ような表現があって、よく分からなかったので、まだ理解が足りないなと。

 

 こういう感想書きって、下書きとかした方がいいんだろうけど、基本面倒くさがりなので、適当に文字を羅列します。

 

 と、ここまで書いて、書くのに疲れてきたので、twitterに投稿した、小説中の自分なりの名言を書いときます。


「田村カフカくん、あるいは世の中のほとんどの人は自由なんて求めてはいないんだ。求めていると思いこんでいるだけだ。すべては幻想だ。もしほんとうに自由を与えられたりしたら、大抵の人間は困り果ててしまうよ。覚えておくといい。人々はじっさいには不自由が好きなんだ」

 

 「…すべての文明は策で仕切られた不自由さの産物なんだ。…結局のところこの世界では、高くて丈夫な柵をつくる人間が有効に生き残るんだ。それを否定すれば君は荒野に追われることになる」

 では。

授業中に当てられるのっていやだよね

 こんにちは。

 

 今回は、ついさっきの授業の話も含めながら、書こうと思います。

 

 現在、大学生なんですが、大学でも、授業の担当の教授に当てられることが、たまにあります。

 

 大勢いる中で、自分が指名されると、なんか、その場の空気みたいなものを気にしちゃいますよね。

 

 ついさっきの授業では、教授さんが、日付と学籍番号を照らし合わせて指名するので、ある程度、どのタイミングで当たるだろうな、ってことが分かっていたんですよ。

 

 午後からの授業だったので、朝起きて、youtube見て、それから必死に授業の予習(薬学物理化学)をしたんですよ。エントロピーってなんだ?なんて思ったりして。

 

 で、ある程度、万全の体制をつくって授業に臨んだのに、僕のひとつ前の番号の人までしか当たらなくて、90分間、ただ、いつあてられるかな~と集中していたのがパーになっちゃいました(笑)。

 

 まあ、余談だったんですが。

 

 僕自身、そこそこ気にしいなので、できれば、当たらずに、穏便に終わってほしいと思ってます。

 

 ただ当たって答えるだけならわかるんですが、当たった人によって、空気が違ったりする感じがするので、そういうのが苦手な人には、当ててほしくないです。

 

 と、いろいろ書いてきましたが、今日はもう終わったことなので、今、気持ちがすっきりしているので、ここらで終わっときます(笑)。

 

 では。

「放浪の旅」っていいよね…っていう話

 「放浪の旅」っていいよね…っていう話です。

 

 今、大学一年なんですが、実家暮らしということもあり、高校時代からとりたてて変わったことがないような気がしています。

 

 確かに、前よりも時間の余裕はあるんでしょうが、慣れてきたらあんまりわからないですよね。そんな中、いつか、一年ぐらい期間をとって、何にも縛られない「放浪の旅」をしてみたいな、なんて思ったりします。

 

 しかし、人生の間で、どのタイミングでそれを実行できるでしょうか?

 

 他人事のように考えると、別にいつでも勝手にしたら?なんて思うんでしょうが、自分のこととして考えると、複雑なものになってきます(ような気がします)。 

 

 僕的には、20代の後半ぐらいにそんな期間があれば…と思うんですが、それだと、大学院とかぶってしまうので、学部卒業後に、一年ぐらい、院試勉強という名の放浪の旅に出たいなんて思ってみたり。

 

 一応、資格を得られる薬学部に入ったので、その後も、薬剤師として働くんだったら、それでもいいんですが、大学院に行って、研究に従事するとなると、話が変わってきます。

 

 結局は、学生時代の長期休みを利用して、「なんちゃって放浪の旅」をするのがベストなのかもしれません。

 

 今できることは、冬休みの期間を、うまく活用することですかね。何となく、タイに行ってみたいです。

 

 では。

本を読むことって、どんな意味があるの?

 こんにちは!体感的に久しぶりすぎる投稿です。

 

 ブログを書くことって、僕にとって、目的と手段が逆になっているので、いまいち記事の内容の質とやる気があがりませんが、意外と、書き始めると、すらすらと書けるから不思議です。

 

 最近の投稿でも、ちょいちょい読書の感想についての記事を書いているので、本を読むことと僕について、現在の僕の成長段階における考えでもかけたらいいかなと思っています。

 

 本を読む理由って、何でしょうね。教養を深めるだとか、楽しいからだとか、時間の活用だとか、仕事のためだとか、さまざまな理由がありますが、普段、本を読まない人にとって、本を読むという行為は、敷居が高いなと思います(僕の考えが浅いだけかもしれませんが)。

 

 僕としては、何となく、意味がありそうだからだとか、何となく、良い趣味だなと思えるからだとか、何となくというのが大きく占めているので、とりあえず、何となくでも、本に触れたいと思うことだけで十分だと思います。

 

 最近は、海外の本を少しでも読もうかなと思ったので、無難に、「ヴェニスの商人」(シェイクスピア)を読みました。

 

 おそらく、年間40冊ぐらいなので、読書家とはいいがたいですが、よく読む作家さんを挙げるとするなら、西加奈子さんと中村文則さんと森見登美彦さんですかね。

 

 西加奈子さんと中村文則さんは、内面的,社会的に弱い立場の人々が、成長し、うまく落としどころを見つけて生きていくといった内容の本を書くので、個人的には、とても楽しめるので、おすすめです。

 

 また、森見さんの本は、独特の表現と、少し抜けている登場人物たちが、京都を舞台として書かれています。登場人物たちが、愛らしくもあり、親近感がわいて、とても面白いです。最近は、「夜は短し歩けよ乙女」が、映画化されていたりと、有名かもしれません。

 

 あと、本を読む理由として、少なからず本を読む人生と、本を読まない人生を比べた時に、前者の方に惹かれたからですかね。といっても、友達に勧められるまで、ほとんど読んでいませんでしたが。

 

 何となくと、心から楽しむって、結構差があるようですが、まずは、何事も始めてみること自体が大事なんだろうなと思います。それだけでも、十分に得られるものはありますし。

 

 では。

初バイトってどんな心境なの?(書店)

 どうも、たかちゃんです。

 

 と、前から、名前を決めてなかったことが気がかりだったので、昔からのあだ名かつ

親も時々使うこの名前にします。

 

 バイトを始めました。まさか、僕がバイトをできるような年齢になるとは、時がたつのも早いものだなあ…と、ちょっと感慨深い。(19歳)

 

 直に、バイト代が入ってくることになるんですが、自分で働いたお金をもらうってどんな感覚何でしょう?

 

 誰の気兼ねもなくお金を使うっていう経験がないので、まあまあ楽しみです。本代とか、旅行代とか貯めたいし。

 

 題の通り、初バイトについて、軽く書こうと思います。

 

 歩いて10分弱の本屋で働き始めました。といっても、まだ、二回研修をしただけなんですけどね。

 

 思っていたより、作業が多く、しばらくは覚えられそうになくて、ちょっと心配です笑。

 

 主な作業としては、夕方のシフトなので、次の日の本の仕入れのための、本棚の整理,在庫と店内に置いてある本の品数の調整,他店からの本の取り寄せがあるときの本のキープ,終わり際、店内とトイレ掃除,消灯etc...

 

 まだレジの仕事は教わってないので、だいたい半分くらいは習ったのかな。これだけでもまあまあ大変そう…。

 

 今日(201711/1)、三回目の研修があるので、おそらくレジの仕事だと思うので、しっかりメモを取って、できる限りの努力をしようと思います。努力不足で手間取るのは、後味が悪いですしね。

 

 思っていたより、責任がかかるんだなぁと、作業しながら思っていました。。

 

 と、こんなところで終わります。

 

 では。

鼻の調子がよくないときって、風邪なのか花粉症なのかわからない…(日記)

 昨日は、久しぶりにティッシュが手放せない夜でした。一度スイッチが入ると、その日中は止まらないんですよね…。

 

 それ以外は、別段変わらない一日でした。まぁ、そういう一日の方が、落ち着いた気持ちで過ごすことができていいんですけどね。

 

 そうはいっても、「一日をおろそかにするもの,一日に泣く」ともいうので(今考えた)、できる限りの範囲で、日々にアクセントを入れることができるようになりたいですね。

 

 明日、本屋でのバイトが決まって初の出勤なので、不要な迷惑はかけないようにしたいなーと思います。

 

 どうなんだろう…。この鼻の調子の悪さって、明日も引きずってるのかな。それつらいな…。

 

 気合で今日中に治そうと思います。

 

 では。

バイトの面接に受かった+「いのちの車窓から」(星野源)を読んだ(日記)

 なんかもう、アクセス数とか馬鹿らしくなってきたので、適当に書きます。

 

 昨日、書こうと思いながらも、寝てしまったので、翌日の授業が始まる30分前に大学の図書館で書いています。

 

 昨日は、午前中が授業で、昼に、学祭で売るチュロスの前売り券×20枚を渡され、家に帰って15時、バイトの面接が受かっていたことを知り(家から近い本屋)、オードリーのオールナイトニッポンを聞き、おでんを食べ、youtubeを見ながら、うとうととソファで寝て、親に起こされ、自分の部屋で寝たという一日でした。

 

 正直、前売り券×20枚をさばけるような人間ではないんですが、善処は尽くします。もしこのブログを見てくれている人がいたら、買ってほしいぐらい泣。

 

 あと、星野源の「いのちの車窓から」を読了。「そして生活は続く」,「働く男」は、高校生の頃に読んだのですが、前よりすっきりと読みやすかったです。それと同時に、「そして生活は続く」のような、生活感丸出しとはまた違った感じだなと思いました。

 

 バイトの面接に受かったので、生活の密度?が変わってくると思いますが、とりあえずむりはしないようにしようと思います。

 

 では。