少しだけ、歩く

ゆる~く、自己成長につなげたい。雑記。

苺ましまろの松岡美羽という存在について

 こんにちは。

 

 半年前に、近くの古本屋で購入した苺ましまろを7巻まで読みました。(8巻出てるらしけど、アニメイトにもなかったorz)

 

 今回は、個人的に一番気になった、松岡美羽について話す予定でした(何となく過去形)。

 

 

f:id:taka199809:20200326193917j:plain

 

 

 苺ましまろを知ったのは、ゲーム実況者であるもこう先生のMAD動画から。

 

 笹塚くんという、作者からのいじめ()を一身に被っているキャラが不憫すぎたのと、単純に話が面白そうだったからですね。

 

 

f:id:taka199809:20200326194401j:plain

笹塚くん

 

 

 ここまで読んでみて思うのは、めちゃくちゃ、作者の趣味嗜好を書き連ねられてるんだろうな、ってこと。

 

 まぁ、この漫画を好んで読んでいる僕も大概なことは百も承知なのですが、ね。

 

 深くは言いませんが、表紙を見れば大体わかります(笑)。

 

 

 

 ざっと内容を紹介すると、高1と小5と小6の女子が集まって家でのたわいのない遊びをただただ僕たち読者が楽しむマンガです。

 

 キャラが特別増えるわけでもない、いわゆる日常系マンガですね。

 

 僕は日常系マンガやアニメが好きなので、とても楽しく読めましたね。やっぱり笹塚くんは不憫でしたが。

 

 

 

 ここで、松岡美羽というキャラについて、ちょっと気になったので、話そうと思います。こいつが厄介者

 

 

f:id:taka199809:20200326194806j:plain

松岡美羽

 

 

 小6の女子なのですが、初め読んでる頃は、シンプルにアホキャラなのかなーと思っていたのですが、読み進めるほどに、ただ者じゃないことが分かってきます(笑)。知らんけど。

 

 一つ一つのボケが練りこまれていて、考えられた行動であることが所々で描かれているので、読んでて飽きません。

 

 しかも、特に伸恵と千佳は、それをよく分かった上でツッコんでるんだろうな、ということもわかって、二重で面白い。

 

 

 勝手な憶測かもしれませんが、キャラの頬(照れてるときに出るあの感じ)を見たら、本気でツッコんでるのか、ネタとしてツッコんでるのかが何となく察せて面白い。

 

 まぁ、どうであれ、あくまで一マンガキャラでしかないので、深く考えるのは時間の無駄かもしれませんが(笑)、この子の将来が楽しみすぎて夜しか眠れませんね~(適当)、絶対大物になる。

 

 

 

 ばらスィー先生が、今後、執筆ペースを速めてくれることを祈ってます(笑)。(っていうか、まぁ勝手な憶測ではあるけど、この執筆ペースでちゃんと家族を養えてるんだろうか…、まぁ、マンガ家は一発当てれば余裕で暮らせるって聞くしなー(適当))

 

 では。

髪染めた、それだけだ

 

 

こんばんは。

 

 昨日、人生で初めて髪を染めた、ただそれだけ。

 

 f:id:taka199809:20200322214251j:plain

(無意味に隙間を埋める我が本棚)

 

 髪を染めることに全く興味を持っていなかったが、今になって、染めてみたいと思ったんだなぁ。

 

 まぁ、動機としては、何か新しいことをしたい、っていう、いかにもな理由だが、髪を染めるっていうだけで新しい経験をできるなら、ぜひとも、暇してる男子大学生は1週間以内に美容院を予約してほしい(笑)。

 

 今回は、とりあえず、明るすぎない程度に茶髪にしてもらった。(赤っぽさも入れてほしいとは言ったが、見た感じは分からない)

 

 f:id:taka199809:20200322215736p:plain

(適度に顔は隠した)

 

 普段は1000円カットで済ませてるので、美容院に行くっていうだけで緊張するのだが、髪染めるとなるとその倍だ。

 

 何となく存在は知っていた、ホットペッパービューティーで予約しようとアプリを入れたが、美容院の種類の多いこと!

 

 おしゃれすぎるところに行くほど、肝は坐っていないので、入りやすそうな、個人経営?のお店を予約した。

 

 かなり熟考した上でお店を予約したかいがあってか、居心地の良い美容院だったので、今後も通おうとは思ってる。

 

 後、カット+カラーで1時間程度で終わったので驚いたんだけど、どうなんだろう?

 もっと長くかかるかなーとは予想してたけど。

 

 

 閑話休題。。

 

 

 最近、外見に気を遣うことを始めた。

 

 筋トレも今までの人生の中では続いているし、YouTubeで動画を見ながら、涙袋レーニングや小顔トレーニングをしている。

 

 これまでの自分では考えられないようなことをしているので、自分でも驚いている。(文章にすると全く驚いているように感じられないし、実際そうだと思う)

 

 外見なんて、そのまんま勝負だろ、と思っていたが、意外と、外見は作れるものだということを学んだし、できる努力をしないのは自分に嘘をついていることと同じような気もするので、今後も気がけていきたい。

 

 とりあえず、眉毛を整えるための3種の神器(毛抜き、電動眉毛シェーバー、眉剃り)を買った。

 

 ・・・、こんなに買う意味あった??

 

 

 コロナウイルスがいち早く終息しますように。

 

 では。

僕の人生観、死生観について

 こんにちは。

 

 今日は、ここ最近、悩みに悩みまくって、このままじゃストレスで禿げるんじゃないか?くらいに悩みまくった、人生観、死生観について書こうと思います。

 

 なぜ、これについて深く考え始めたか?の根本的な原因を辿ると、1ヵ月前に突然目の前に現れた、彼女が欲しい、という、とても些細なことでした。

 

 このまま何も行動しなければ、彼女がいないまま20代前半を終えるのかー、なんてことを考えだし、突然、自分の現状に不安を感じ始めました。

 

 もっと根本的な原因は研究室の問題になるんですが、ここは割愛。

 

 そう思い立ってから、自分なりに、彼女を作るための行動を人生初めてするようにし始め、その行動がなかなかうまくいかないことを学び、それなら次は…といった感じで行動した結果、どんどん負のループにはまっていきました。

 

 それと並行して、ブロガーのマナブさんのYouTube動画を見て、20代前半までにお金を副業の形で稼げるようになりたい、と思い、ここでも、ストレスのたまる日々。

 

 また、普段の僕ならしないような行動量を行っていたため、それもストレスに。

 

 人間って、変わろうと思えば変われると思いますが、果たして、変わる必要があるのか…?

 

 そして、ここ最近では、2045年問題についてYouTubeで学び、今後の世界がどうなっていくのかを考え始め、また、この時代に生まれた自分って何なんだろう…?みたいな、完全にスパイラルに陥ってしまっていました。

 

 と、ここまでが、僕がここ最近で悩んでいた原因ですかね。まぁ、挙げだしたら止まらないですが。コロナウイルスで良くない流れができているとか。いつまで今の生活を続けることができるのだろうか?とか。

 

 と、色々考えた末に、人間の死について、自分なりに考え耽っていました。

 

 

 正直、人間なんて、たまたまこの時代に生まれて生かされているだけで、何の大義もないのに、何で生きる必要があるのか?とか、天国や地獄、幽霊なんてものは現時点では非現実的すぎて何も考えられないので、おそらく、生まれる前みたいな無に返るんだろうな、とか、なら、この世界で努力する意味あるん?とか、皆死ぬんだったら、それはそれでいいな、とか、もうよく分からないスパイラルに。

 

 で、今の僕が出した結論は、まぁ、(自分なりに)一日一日を大切に生きて、いらない後悔をしないことかな、という結論に至りました。

 

 おそらく、明日もまだ僕は生きているし、それならば、楽しく生きるしかない、という、至極当たり前の結論に至り、まぁ、これも人間の性かな、とも思います。

 

 時の流れは残酷だと思います。

 

 だけど、それはあくまで現代に生きる人間の価値観において、そう思うだけで、そんなもの、この宇宙からしてみればなんとちっぽけなものか。

 

 それに、現代に生まれたからこそ、見れる世界が近々来るかもしれません。

 

 それが、2045年問題における、シンギュラリティです。

 

 きっかりこの年に起こるとは限りませんが、やはり、シンギュラリティはいつかは達するものだと思います。

 

 そうなると、これまでの人間の価値観では全く測れないほどのとてつもない変化が起こるでしょう。

 

 ひょっとしたら、人間という存在自体が変えられるかもしれないし、生死についても変わると思います。

 

 2045年に起こるとして、順調に生きていれば、その頃は47歳。

 

 おそらく、その頃の日本の平均年齢にも達していません。

 

 今ですら、人生100年時代と言われているのですから、その頃には人生150年時代、なんて言われていても全くおかしくありません。

 

 指数関数的に技術は進歩し、人間の臓器も簡単につくられるような世界。細胞の若返りを果たし、不老不死すら可能にもなりうる世界。

 

 そのような時代を生きる可能性が我々の世代は高いです。

 

 博打みたいなものですが、その博打が打てるだけでもいい時代に生まれてきたな、と両親に感謝です。

 

 その上で、今の自分ができることは、やはり、日々を精一杯生きて、来るべきその日をのうのうと待つことぐらいです。

 

 また、そのような世界に至ると、子供を産むという概念すらなくなる可能性も高いと思っています。

 

 正直、僕自身、感化されやすいタイプなので、数日後にはここに書いたことが黒歴史となって消す可能性も高いですが、ノストラダムスの大予言よりは可能性のある話だと思っています。

 

 ふと気づいたら、もう2000文字近くただだらだらと自分語りをしていました(笑)。

 

 もし、何か質問や考えを共有したい、などがあれば、TwitterのDMにでも送ってください。

 

 とりあえず、精一杯生きましょう。

 

 では。

1日1つ、新しいことをする、ということ

こんにちは。

 

今日は、1日1つ、新しいことをすること、についての自分の意見を語ろうと思います。

 

前回の記事

 

taka199809.hatenablog.com

 

 

新しいこととは?

 これを読まれている方は、「新しいこと」について、どのように考えているのかは分かりませんが、おそらく、「新しいこと」について、少しばかり、神格化している部分があるのではないかと思っています。

 

 正直、何でもいいのです。

 

 いつもは飲んでこなかったような新しい飲み物を買ってみるとか、いつもとは違う道を通ってみるとか、5分だけ筋トレをしてみるとか、コンビニの店員さんに、ちゃんと「ありがとうございます」を言うとか。

 

 挙げだしたら切りがないですが、おそらく、どれも、意識的に行わないと難しいものばかりだと思っています。

 

 だからこそ、一旦、このような意識を持つことで、意識しないよりも、充実した日々を送れると思っています。

 

 …ちょっと興味が出てきましたか?

 

 これはあくまで最近の僕の持論であって、まだ実行中なのですが、ぜひ、僕のツイッターに一言送ってほしいです。

 

 なぜなら、自分だけじゃ続かない(笑)

 

何が変わる?

 何が変わるか?

 

 僕の意見としては、日々の生活に対する密度の濃さが変わると考えています。

 

 普段なら通り過ぎてしまうようなことでも、それに対して自らアクションを起こすことによって、より自分の周りの環境に対して興味を持つことができ、しいては、より自分の生活を良くすることにつながると思っています。

 

 特に、今の生活のメリハリのなさに少し悩んでいるような方にオススメです!

 

何をすればいい?

 上記にも挙げましたが、まず、僕が最近していること(言える範囲で)を挙げようと思います。

 

 まず、新しい飲み物を買ってみる。

 

 別に、続かなくてもいいんです。

 一旦買ってみて、やっぱり、これ、美味しくないなー、ぐらいで。

 

 飲んでみなければ、それが自分に合うのかどうかもわからないし、謎の心残りになるくらいなら、飲んでみればいい。

 

 それから、YouTubeで、コメントを残してみる。

 

 僕は重度のYouTube依存者なのですが、これまで、基本的にYouTubeでコメントを残すことはほとんどありませんでした。

 

 しかし、コメントを残すと、よく返信を行っているようなYouTuberさんから返信が来ますし、それによって、自分が刺激されることもあります。

 

 いつもは行かない場所に行ってみる。

 

 この前、ホリエモンのオンラインサロン(HIU)のメンバーの方々が主催のイベントに参加してみたのですが、身近にこんな方々がいるんだ、と励みになりましたし、行ってみることで、HIUがどういったコミュニティなのかも少し理解できました。

 

まとめ

 まぁ、こんな感じで色々と書いてみましたが、とりあえず、実践してみてください。

 

 あくまで、自分のペースが大事だと思いますが、日記やツイッターに残すと、より続くと思います(多分)。

 

 では。

 

謎の意識高い思考が高まってきた今日この頃

 こんばんは。

 

 タイトル通り、ここ最近、意識高いモードに入ってきました。

 

 前回意識が高くなった時につくったのが、このブログでして(笑)、また、プログラミングの勉強を始めたりもしたのですが、今回は、新しくブログをつくり、そっちの方の運用をうまくやっていこうと思ったのですが、なかなかうまくはいかないですね。

 

 このブログは、この先何十年も使っていきそうな気もするので、下手なことはあまりできないですが、突然、SEO対策をし出していかにもなブログに成り代わっていたら、そういう時期なんだなぁ、と察してください(笑)。

 

 まぁ、意識高いというか、行動力を高めよう、という気持ちですね。

 

 例えば、彼女を本気で作ろうと努力し始めましたし(とりあえず、街コンへ行ってみたり、tinder使ってみたり)、前回同様、プログラミングの勉強をして、月5万稼げるようになりたいと思ってますし、ブログももっと活用していきたいとも思ってるし。

あと、ついさっき、市内のゲストハウスを予約しました。近いのに(笑)。ゲストハウスに行ってみたかったんですが、足がなかなか向かなかったので、とりあえず予約をぽちっと。アルバイト募集していたら、そういう話もしてみようと思います。書店バイトは続けるとは思いますが。

 

 まぁ、なんにせよ、何でもやってみる時期は人生にとって大事なことだと思ってるし、高校生の頃からホリエモンやキンコンの西野さんの本を読んでるような人間なので、おそらく、今後もこんな感じに生きていくんでしょうが、芽が出てほしいですね、何かの形で。

 

 今のところ、薬剤師資格を取ったら、その分野の特化ブログを書いてみたいとも思ってますね。

 

 結局、お金があれば、自由度が上がると思ってますし、そうなりたいと思っている限りは努力は怠りたくないですね。

 

 さて、明日は何をしようか。

 

では。

日記を毎日ちょこっと書くだけでもいい

  個人的に、ほぼ毎日見ているブログがあります。

 

 なぜか「購読中のはてなブログが更新されました。」というよく分からないメールが毎朝来ているので、その流れで見るようになったんですが、単純に日記を書くだけでも、ブログって楽しいですよね、っていう話。

 

 僕もそのような毎日日記を書いてみたくもありますが、どう考えても書くことがなくて苦しむ未来しか見えないので、悩むことろです。

 

 いっそ、新しいブログで書いてみるのもありだとは思いますが、どうしたものか。

 

 では。

心地いい漫画 水は海に向かって流れる(田島列島さん)

 こんばんは。

 

 今日は、最近読んでいたマンガの、「水は海に向かって流れる」(田島列島さん)のマンガの感想を書こうと思います。2巻まで読みました。

 

 この漫画は、TSUTAYAのおすすめマンガの棚にあったのをたまたま見つけ、日常系マンガが好きな僕がハマれそうなマンガだったので、借りてみることにしました。

 

 簡単なあらすじ説明。

 主人公の直達君が、高校への進学を機に、とある宿に下宿することになり、そこに住む住人たちとの会話ややり取りを読んで楽しむ漫画。

 それぞれが、それぞれで複雑な関係であり、途中話がよく分からなくなることも多々ありますが、それも込みで読み応えのある漫画です。

 

 まず言えることは、榊さんがかわいい。

 

 直達君とは、出会う前から複雑な関係にある人なのですが、冒頭からのそっけない優しさに惹かれました。26歳のOLの方で、恋愛をしないとのことなのですが、僕的に、早く過去の事情を乗り越えて、前に進んでいってほしいと思っています。

 

 また、シンプルに、ストーリーが好み。

 

 宿の色々な人生背景をもつ人たちの絡みが、読んでいて心地よい。

 

 1巻の後半の方のやり取りは、何となく、サザエさんを彷彿させるような内容で、僕的には少し回りくどさを感じたけれど、概ね楽しく読めた。

 

 ニゲミチ先生もいいですね。宿に住む,脱サラしてマンガ家の主人公の叔父なのですが、人間臭くていい。

 

 ぜひとも、幸せになってほしい。

 

 多くの年代に刺さる作品だと思うので、もっと流行ってほしいですね(なぜ上から目線)。

 

 では。