少しだけ、歩く ~主に読書備忘録,たいてい雑記~

ゆる~く、自己成長につなげたい。雑記。

授業中に当てられるのっていやだよね

 こんにちは。

 

 今回は、ついさっきの授業の話も含めながら、書こうと思います。

 

 現在、大学生なんですが、大学でも、授業の担当の教授に当てられることが、たまにあります。

 

 大勢いる中で、自分が指名されると、なんか、その場の空気みたいなものを気にしちゃいますよね。

 

 ついさっきの授業では、教授さんが、日付と学籍番号を照らし合わせて指名するので、ある程度、どのタイミングで当たるだろうな、ってことが分かっていたんですよ。

 

 午後からの授業だったので、朝起きて、youtube見て、それから必死に授業の予習(薬学物理化学)をしたんですよ。エントロピーってなんだ?なんて思ったりして。

 

 で、ある程度、万全の体制をつくって授業に臨んだのに、僕のひとつ前の番号の人までしか当たらなくて、90分間、ただ、いつあてられるかな~と集中していたのがパーになっちゃいました(笑)。

 

 まあ、余談だったんですが。

 

 僕自身、そこそこ気にしいなので、できれば、当たらずに、穏便に終わってほしいと思ってます。

 

 ただ当たって答えるだけならわかるんですが、当たった人によって、空気が違ったりする感じがするので、そういうのが苦手な人には、当ててほしくないです。

 

 と、いろいろ書いてきましたが、今日はもう終わったことなので、今、気持ちがすっきりしているので、ここらで終わっときます(笑)。

 

 では。