少しだけ、歩く ~インドア大学生の日々~

ゆる~く、自己成長につなげたい。雑記。

今見てるアニメ:「からかい上手の高木さん」と「宇宙よりも遠い場所」をおすすめ

 こんにちは!

 

 今日は、2018年冬アニメの中で、今僕が見てるアニメを語るだけの内容です。

 

 

 からかい上手の高木さん

 

 まずは、「からかい上手の高木さん

f:id:taka199809:20180220154704j:plain

 

 写真はネットから適当に拾ってきてるんだけど、現状維持の画像があったのはワロタ。

 

 アニメだけ見てるにわかが簡単に説明すると、主人公の西片が、隣の席の高木さんにからかわれているのを画面越しににやにやするアニメ それ以上もそれ以下もない。

 

 

 構図は、となりの関くんのようだけど、こちらは、よりにやけることを重視したアニメ。

 

 主人公の西片も、なんとなく憎めないし、高木さんも、おでこが出てるのがまたいい!

 

 ただからかわれているだけじゃなくて、意外とちょっとした動作にも配慮があって、そのときどきのお互いの気持ちを想像するのが楽しい。

 

 これだけからかうのが上手ってことは、裏返せば、これだけ西片のことをよく知ってるってことだし。

 

 そんなわけで、単純ににやにやしたい人にはお勧め。

 

 

宇宙よりも遠い場所

 

 次に、「宇宙よりも遠い場所

f:id:taka199809:20180220155758j:plain

 

 

 このアニメは、新たな一歩を踏み出せずにいた主人公(高校2年生)が、とあるきっかけで南極へ行くこととなる,そんなアニメ

 

 そんなアニメ…。語彙力がなさすぎるな。

 

 と、少し詳しく説明すると、主人公,玉木マリ(写真で右から2番目)は、南極で行方不明になった母親を探している小淵沢報瀬(左から2番目)とひょんな出来事で知り合い、また、高校に行かずにコンビニバイトをしていた三宅日向(右から1番目),南極行に一番貢献してる,女優の白石結月(左から1番目)の女子高生4人が、「宇宙よりも遠い」南極へ行く。

 

 単純に、ストーリーを楽しめるし、意外と込み入った話もあり、ためになるなぁとも思いながら見てます。

 

 特に、きまり(主人公のあだ名)が南極に行くという一歩を踏み出したことと、高校の友人である高橋めぐみとのシリアスなシーンは、見ててジーンときました。

 

 正直、結末が見えませんが、一般向けのアニメでもあるなと思いました。老若男女見れそう。

 

 また、「ノーゲーム・ノーライフ」のチームが制作に関わっているようなので、外れないこと間違いなし!(根拠不明)

 

 また、EDの「ここから、ここから」が個人的に良い曲だなと。

 

 

終わりに

 アニメガチ勢ではないので、 少々見る程度ですが、何かおすすめのアニメがあれば、コメント欄にでも書いててください(見るかは分からん)。

 

 

 冬だから外は寒いし、家でまったりとアニメを見て過ごしましょう!

 

 では。