少しだけ、歩く ~主に読書備忘録,たいてい雑記~

ゆる~く、自己成長につなげたい。雑記。

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」(若林正恭)を読んで

 若林の新作の本が出ていたので、購入。

 

f:id:taka199809:20171015195204j:plain

 

 前回の「社会人大学人見知り学部 卒業見込」を読んでいたので、また若林の本が読めるな~と、内心テンションを上げ、購入。

 

 今回の本は、若林のキューバ旅行記だ。と言っても、ちゃんと若林らしさのある内容となっているので、ご安心を。

 

 読み終えた今、「キューバに行ってみたいなぁ」と思えたので、買った分の元手は取れた気分。

 

 あまり外国に行ったことがないからかもしれませんが、日本っていう国で縮こまって生きているなぁと実感(小並感)。

 

 闘鶏場なんてあるのか。一回見てみたいなと思った。

 

 所々で出てくる、キューバの街並みや写真を見ると、何となく、いろんなことから解放された街のようで、心を揺さぶられた。

 

 前作や、アメトークで若林を見たりして、何となく気に入っていたので、これからの動向にも期待。

 

 では。