少しだけ、歩く

読んだ本の感想など、日ごろ感じるちょっとしたことを書いてみようと思います。

長崎から、広島,大阪,京都へ初めて一人旅した話(part2)

 では、今回は、前回の続きで、一人旅した話(1日目)について書こうと思います。

 まず、朝の7:39の長与ー長崎までの電車で、長崎駅へ向かい、8:28の新幹線かもめで、博多駅まで行きました。

 よく長崎駅へは行くんですが、朝早い時間帯に行くのはなかったので、サラリーマンの人たちのいわゆる通勤ラッシュを見て、いつもとは違う感覚を覚えました。いやー、将来、こんな風に働きに出ないといけないと思うと、ちょっと悲しい気持ちになってしまいます…。

 あと、普段、長崎駅に来たら寄る,アミュプラザ内のメトロ書店も閉まっていて、30分ぐらい適当に本屋で時間をつぶそうと思っていたので、ベンチでぼーっとして新幹線が入ってくるのを待っていました。確か、その日の天気はあまりよくなく、僕自身、曇りの時と晴れの時の気持ちの具合が大分変わってくるので、少しどんよりとした気持ちで乗りました。

 wi-fiのつながらない中、携帯をいじったり本を読んだりして過ごし(その時に読んでいた本は、京都に行くことも踏まえて「夜は短し歩けよ乙女」でした)、10:20ぐらいに博多駅に着き、10:46の新幹線に乗り換えました。

 おそらく、九州を出たこと自体、少なくとも両手があれば数えられるぐらいの回数しかないので、九州を出て本州に入ったあたりで、少し遠くの別の島に渡ったような気がしました(笑)。まあ、文字通りなんですけど。

 で、広島駅に11:52?に着いて、そこから、三原行に乗り換え(11:59?)、さらに、三原(13時ぐらい)から竹原までの各駅列車に乗りました。f:id:taka199809:20170916141319j:plain

 

 正直、思っていた以上に田舎の風景が続いて、少し驚きました(笑)。九州もだいぶ田舎だとは思いますが、中国地方もあんまり変わらないんですかね。もう少し都市の一極集中が緩和されてほしいものです。

f:id:taka199809:20170916141558j:plain

 そんなこんなで、13:40頃に、やっと竹原に到着しました。次回は、竹原での話と、夜に大阪に向かった話でも書こうと思います。では。