少しだけ、歩く

読んだ本の感想など、日ごろ感じるちょっとしたことを書いてみようと思います。

長崎から、広島,大阪,京都へ初めて一人旅した話(おそらくpart1)

 先日、二泊三日(実際はもっと長く予定してはしたんですが)の一人旅をしてきました。まず、一人旅というもの自体がほぼ初めてだったので、どんな風になるかよく分からずに勢いだけで行ってみた感じです。
 一人旅してみようと思った理由は、まぁ、大学の夏休みが暇だったからです(笑)。で、どこに行こうかと思ったときに、高校一年生の頃に観たアニメ「たまゆら」の聖地である広島の竹原,森見登美彦さんの作品で主に舞台となる京都に行ってみようと思い、また、それだったらついでに大阪も見に行ってみようと思い、一人旅を決心しました。
 行く前の予定では、5泊6日ぐらいいけるんじゃないかと何となく予定しながら(泊まる場所はネカフェかビジネスホテルに泊まればいいし予約も別にいいやと思っていました)、実際は2泊3日で帰ってきました(笑)。
 なんにせよ、普段祖母の家に泊まりに行くときには、ほとんど母親にまかせっきりだった僕としては、持っていくものもほぼ手探りの状態でした。一応、持っていくものリストをwordに書いていたので、そのまま貼っておこうと思います。

持っていくもの
・衣服(枚分),下着,靴下,バック,パソコン,本,お金(学生証も),新幹線の券,(持っていくんだったら自転車,鍵,輪行バック,ヘルメットetc…),髭剃り,コンタクト(洗浄液も),携帯,充電器類,観光本,タオル,ハンカチ,タオル,目覚まし時計,(アイマスク,耳栓)…

 行く直前まで、折り畳み自転車をもっていこうかとも思っていましたが、さすがに一人旅の初回なので、今回は見送りということにしました。

 

 そして、出発の前日、ちょっとそわそわしながら12:30ぐらいに一度は寝たんですが、30分後になぜか目が覚め、急激にホームシックの予兆を感じ、その瞬間に、1泊2日にしとこうと決心しました(笑)。もとより、あまりしっかりと予定は立てていなかったので、こんなもんかなっていう感じでした。

 そして、次の日から出発するのですが、いったんここで切りたいと思います。では。